読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたご座の興味津々

「ふたご座」の一級建築士が興味津々なテーマについて語るコラム

楽天銀行から他行への振込み・・・

f:id:hutago-za:20160220211039j:plain

ネット銀行・・・

店舗を構える従来の金融機関と違って人件費や運営コストがかからない事もあって、
預金金利が高く、振り込み手数料なども安く設定されているので利用している方も多いいのではないでしょうか?

 

楽天銀行・・・

そんな私も楽天銀行を利用しています。

主な利用は楽天市場楽天トラベルなどの支払いや他行への振込み、そして楽天デビットカードの引き落とし。

元々、預金通帳は無くカードと提携しているATMを利用して入出金を行うわけですが、セブンイレブンをよく利用する私は買い物ついでにセブン銀行のATMを利用しています。

従来の銀行のATMを探すよりもコンビニを利用したついでに入金専門に利用しているので便利です。

ただし、3万円未満の入金だと手数料を取られてしまうので・・・そこは注意ですが!

 

楽天銀行からの振込み・・・

銀行振込みは生活をしている上で実際やる機会はそんなに少なくありません。
子供の保護者会の年会費の振込みや仕事上での代金の振込みなどなど・・・

今までだったら金融機関の店舗のATMや窓口へ出向き手続きをする訳ですが、
この手数料って結構ばかにならず高いです。
一番高い通常窓口で他行宛で3万円未満だと648円、3万円以上だと864円。

銀行の収入源はわかりますがあまりにも高い。

一方、楽天銀行から他行宛で3万円未満だと165円、3万円以上だと258円。

先日、横浜銀行へ振込みしなければならなくなり楽天銀行から初めて振込みをしてみました。

自宅のパソコンから振込先の横浜銀行と支店名そして口座番号を入力すると振込先の名称が出てきて金額を設定。

ワンタイムキーが携帯メールに届き、それを入力することで振込み完了。

20万円以上の振込みでしたが、私の場合月1回だけ手数料が無料になるので振込み金額そのままで振込みできました。

 

ネットからの振込みの魅力・・・

◎店舗に出向かなくても自宅で振込みができる。
◎待ち時間もなく時間を気にせず24時間手続きができる。
 (ただし15時過ぎの手続きは翌日以降の予約となる。)
楽天銀行の場合は手数料が楽天のポイントを使える。

 

ATMに並んだり番号札をとって窓口の順番を待つ時間もなく、24時間手続きができるのはネット銀行の魅力といえるでしょう。

広告

 

スポンサーリンク