ふたご座の興味津々

「ふたご座」の一級建築士が興味津々なテーマについて語るコラム

既存住宅状況調査技術者になってみたものの需要が無い?

既存住宅状況調査技術者とは・・・

皆さんの中で・・・
本題の「既存住宅状況調査技術者」を知っている人はどの位いるのでしょうか?

ちなみに、私もこの「既存住宅状況調査技術者」なんですが・・・
ほとんどの方が知らないと答えるでしょうね?

そもそも、
今年の4月1日より宅地建物取引業法の改正により始まった制度で・・・

既存住宅の取引にはこの「既存住宅状況調査技術者」の行う調査結果が重要事項説明の対象義務となりました。

その背景には既存住宅の流通状況の低さがあり、欧米諸国と比べると1/6~1/5ほど、平成25年の統計では年間17万戸程度しかありません。

その結果・・・空き家の割合は平成25年で13.5%まで達しています。

hutago-za.hatenablog.com

これから人口減少が進む中、周りを見れば空き家だらけなんていう状況がすぐそこに迫っています。

国としては 建物状況調査(インスペクション)の活用促進により、売主や買主が安心して取引できる市場環境を整備して、既存住宅流通市場の活性化を目指している訳です。

つまり、中古住宅を売買する際は既存住宅状況調査技術者が建物調査をした上で売買をしなさいよ!という制度です。

 

既存住宅状況調査技術者になるための条件

それでは、誰もが「既存住宅状況調査技術者」になれるのか?というとそうではなく、
なるための条件として・・・建築士限定となっています。
(※建築士には1級・2級・木造とありますが種別の限定は特にありません。)

国の登録機関が実施する講習を受け、修了考査(試験)に合格した建築士が、この「既存住宅状況調査技術者」に登録される訳ですが・・・

今のところ、「住宅瑕疵担保責任保険協会」「日本建築士会連合会」「全日本ハウスインスペクター協会」「日本木造住宅産業協会」「日本建築士事務所協会連合会」の5つの団体が登録機関になっています。

もちろん、講習は無料ではありませんがね。
私は「日本建築士会連合会」に登録されていますが、受講料は21,060円(税込)

f:id:hutago-za:20180612154428j:plain

朝から始まる講義が5時間、終わりに30問の修了考査(試験)があるんですけど、7割以上の正解が合格基準のようです。

 

既存住宅状況調査技術者は何人いるのか?

それでは、「既存住宅状況調査技術者」は現在何人いるのでしょうか?

各登録機関のホームページには、登録されている「既存住宅状況調査技術者」の名簿が公開されています。

現在も講習会を開いているので、これからも増加するのでしょうが・・・
私の登録している「日本建築士会連合会」での現在の人数を調べてみました。

北海道:468、青森:97、岩手:103、宮城:314、秋田:137、
山形:156、福島:277、茨城:376、栃木:210、群馬:145、
埼玉:420、千葉:439、東京:1,302、神奈川:500、新潟:460、
富山:155、石川:196、福井:220、山梨:107、長野:568、
岐阜:198、静岡:331、愛知:528、三重:130、滋賀:135、
京都:196、大阪:915、兵庫:314、奈良:178、和歌山:196、
鳥取:113、島根:189、岡山:235、広島:382、山口:253、
徳島:179、香川:169、愛媛:152、高知:134、福岡:573、
佐賀:102、長崎:198、熊本:159、大分:157、宮崎:208、
鹿児島:220、沖縄:281・・・計13,475名

いや~、調べてビックリ! こんなにいるの?・・・他に4機関ありますからね。

 

建築士の新たな収入源になるのか?

この既存住宅状況調査の実施は先程も書きましたが、建築士のみの業務となる事から、新たな建築士の収入源と考えられ、期待を持って受講した建築士が大部分でしょ?

そんな私も「建築士の新たな業務として期待されています」というフレコミに乗った一人ですし・・・(笑)

ただ、制度が始まって需要がどれだけあったのか・・・?

ちなみに、私は自社のホームページで制度開始前から告知していますが、2ヶ月経過した現在でも問い合わせの一つもありません。

こんなに「既存住宅状況調査技術者」がいるんじゃ、中々仕事として入ってこないでしょうけどね・・・。


「既存住宅状況調査技術者」は3年更新なので、3年後には更新がありますが・・・
せっかく取った資格ですから更新までに1つでも業務ができれば良しですかね?

しかし・・・3年後に更新する建築士がどれだけいるんだか?
これからの需要次第ですけど・・・。

広告

 

スポンサーリンク